2017年3月アーカイブ

ウイズ苦楽園ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は少し肌寒いですが、ウイズ苦楽園前の桜も少しずつ開花してきており、
お花見ができる時期ももう少しです。
だんだんと春の陽気に近づいておりますね。



さて、早速ウイズ苦楽園ブログをはじめさせていただきます。

ご新築のお家にナチュラル系のカーテンをお探しでお越しいただきました。

IMG_0735.JPG




















リビングにお選びいただきましたのは、マナトレーディング社より「リノーヴァ」を。

こちらは、リネン100%で、アースカラーをメインとした4色展開のお生地です。

IMG_0736.JPG


































今回は4色のうち3色を使用した切替しデザインにいたしました。
色の組み合わせや割合は、マナテックスのイメージ写真通りで、
ウイズ苦楽園にも同じ切替しサンプルがございます。
ご検討される方は、ぜひお窓に当てて色の割合等も確認してみて下さい。


リネンはとても風合いが良いので、無地でも十分魅力的なお生地ですが、
少し切替しをすることで、とてもおしゃれな雰囲気となります。
もちろん、色の割合等はお好みの高さで製作できますので、お気軽にご相談下さい。

IMG_0733.JPG



















レースカーテンは、リネンカーテンの中でも大変人気の「Lif/Lin」より、
オフホワイトとベージュのストライプ柄をお選びいただきました。

IMG_0734.JPG

































リネンカーテンは、
・通気性、保温性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かい。

・静電気の発生が少なく、ほこりや汚れが付きにくく、強度も丈夫。

さらにLif/Linのカーテンは、
・定期的なホルマリン検査で、安全性に配慮しており、
 小さなお子様がいるご家庭でも安心。

・防縮加工、防炎加工をすることで、お洗濯時の収縮率を1~2%で
 おさえることができ、高層マンションでもお使いいただけます。


お次にご寝室。

IMG_0729.JPG


































リビングとは雰囲気を少し変えて、柄入りの明るいイメージで、
マナトレーディング社より「ヴァーブ」のグリーン色をお選びいただきました。

こちらのお生地は、自然のモチーフによる幾何学調の彩り鮮やかな商品で、
元気、活気といった意味をもつヴァーブは、鮮明な色で躍動感のある
コットン100%のプリント商品です。

IMG_0726.JPG




















レースカーテンはお手入れもしやすいように、ポリエステル生地でありながら、
ナチュラルな麻風のお生地をコーディネートいたしました。

IMG_0730.JPG


































ところどころに遊び心のあるお家でしたので、ご寝室のカーテンは
明るくポップで空間の良いアクセントとなりました。


今回ご紹介させていただきましたLif/Linは、
4月後半よりキャンペーンを開催する予定です。
詳細は、また改めてご案内致しますので、引き続きウイズ苦楽園HP、ブログを
チェックしていただけますと幸いです。



最後となりましたが、M様、何度もお打合せにご来店いただき、
ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


春の陽気に心が晴れやかになる今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は新作情報をご紹介させていただきます。

05.jpg



















木製ブラインドメーカー『JBS』

こちらのブランドは以前からお取り扱いがございましたが、
この度実物サンプルの展示をさせていただきました。

IMG_1921.JPG



































特徴と致しましては、木材をウエスタンレッドシダー、桐、樹脂の
3タイプからお選びいただくことができます。

ウエスタンレッドシダーはヒノキ科ならではの独特な芳香が
あり、耐久性は針葉樹の中で最も高く、天然の殺菌力、
防虫力を持ち合わせています。

また極めて収縮率が低く、反りや曲がり、割れなどが生じにくい木材です。


桐は軽い素材感が特徴で、湿度の影響を受けにくく
日本の木材としては広く知られた木材です。


IMG_1926.JPG



































もちろんカラーは全色実物サンプルでご覧頂くことが
できます。

IMG_1922.JPG

































いずれの材質も軽さがございますので、
羽根の開閉操作も軽々。

一般的な国産ウッドブラインドは加工性に優れ収縮率は大きいが、
乾燥後は安定性が高いバスウッドを用いるものがほとんどです。

ウエスタンレッドシダーを用いてウッドブラインドを制作しているのは
JBS社のみとなっていますので、素材感や特性を是非実物でご確認ください。


またシーズンの切り替わりに伴い、フィスバのディスプレイも
変更いたしました。

IMG_1925.JPG



















正面ディスプレイは高級感をもたせながら、
グラデーションが鮮やかなレースをメインにコーディネートいたしました。

29324.jpg



















店内入ってフィスバコーナーのディスプレイは、

IMG_1923.JPG


































春をイメージした、新緑カラーと
白地に花柄のプリントでまとめてみました。

スイスコットンの柔らかな風合いは、カーテンのドレープ感
を美しく表現してくれます。


その他2017SSの新作サンプルも展示予定でございますので、
お楽しみに。


また、この度ウイズ苦楽園ホームページにてフィスバを始めとする
高品質な海外ブランドを取りまとめたページ、


を公開いたしましたので、高品質で独自の世界観をもつ
海外ブランドに興味をお持ちのお客様はぜひご覧ください。


これからも国内ブランドにかかわらず、海外にも目を向けた
最新のインテリア情報を発信していきますので、皆様ご期待下さいませ。


皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。


3月も半ばとなり、少し寒さも和らいだ気がします。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。


さて、この度、当店でも人気のハンターダグラスの紹介が
関西で唯一のハンターダグラスギャラリー店として産経新聞に掲載されました。

IMG_0714.JPG


































ハンターダグラスギャラリーでは、海外のみのお取り扱い機種や
ギャラリー店限定のお生地の取り扱いがございます。

生地の選択肢が増える為、少しでも色味にこだわりたい、
同じハンターダグラスでも他とは少し違ったものをつけたい等の
ご希望もかなえやすくなります。

アフターメンテナンスにおいても、
価格面、技術面含めしっかりと対応させていただきます。

また、今週の月曜日から阪急百貨店大阪店のデジタル広告でも同様に
ハンターダグラスの紹介をさせて頂いております。



さて、本日は広告も出させていただいおります、
ハンターダグラス社の施工例をご紹介いたします。

シルエットシェードをご希望でご来店されましたお客様です。

IMG_0754.JPG



















厚地とレースを1台で兼ね備えたすっきりした見た目と、
調光が可能で、88~99%UVカットといった機能的な面も気に入られ、
メインのリビング・ダイニング、隣の洋室にスラット幅の広い
3インチタイプをお選びいただきました。

IMG_0684.JPG



















IMG_0756.JPG



















お色は風水的なことも考慮し、洋室の掃き出し窓(左)にリネン・フラート、
リビングの掃き出し窓(右)にエイカーズ・グリーン、
ダイニングの腰窓にはホワイト・ダイアモンドと、あえてそれぞれのお窓で
色味を変えてお納めしました。

IMG_0758.JPG



















お色違いではございますが、色味のトーンに差があまりない為違和感がなく、
同じ空間の中でもシーン分けされたような雰囲気となりました。


IMG_0685.JPG

































ご寝室には、五洋インテックス社のスペインのブランドより、「バンデルビラ」。
落ち感のよい柔らかな素材と、温かみのあるピンク色を
お気に召していただけました。

IMG_0687.JPG

































タッセルもかわいらしいアクセントに。

IMG_0688.JPG

































ベッドのヘッドボード側にはお客様のご希望により、天井にレールをつけ、
フラットカーテンで間仕切りをおつくりいたしました。
レールは部屋を横切っている為、間仕切りを動かすことも可能です。

お生地は、五洋インテックス社より「ブラニ」のホワイト色を。
色糸を2色使用した、単色ながらも表情豊かなお生地です。
廊下からの光漏れを軽減する為、2重にお仕立てしております。


また、ダイニングチェアとして北欧家具である「PP701アームチェア」も
ご購入いただきました。

IMG_0553.JPG

































北欧家具の4大巨匠のひとり、ハンス・J・ウェグナーが自邸のダイニングの為に
デザインしたといわれております。


IMG_0557.JPG



















絶妙なカーブを描く背もたれは、人の背骨の曲線に合うように削り出されており、
安定した座り心地になっています。

また、中央の十字はそれぞれのパーツを繋ぎとめるジョイントで、
あえてデザインの一部にしています。
一見シンプルにみえますが、職人が丁寧に作り上げた、
大変美しいフォルムのチェアです。


IMG_0555.JPG

































木部のお色はウォールナット、張地はソフトレザーのブラウンでモダンな仕上りに。

納期も数か月かかる為、待っていただいた分大変喜んでいただきました。


ウイズ苦楽園では、カーテンだけでなく家具やラグ等の取扱いもございます。
現在キャンペーン中の日本ベッドの展示も残り数日となりますので、
この機会にぜひお越し下さいませ。


最後に、H様、この度はカーテンや家具のお打合せを
何度もさせていただき、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。



いつもウイズ苦楽園ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本格的にお引越しシーズンをむかえ、あっという間に3月に入りましたね。

この時期は、販売店だけでなく加工場や施工をする職人も混み合う時期ですので、
早めにお越しいただくことをおすすめいたします。
また、ご来店の際は、事前にご予約いただけますと幸いです。


ご予約メールフォーム ☜クリック!!


現在、ウイズ苦楽園では前回のブログでご紹介させていただきました
日本ベッドの実物展示を行っております。

IMG_0655.JPG



















フィスバのベッドリネン、カサブランカの羽根枕もコラボレーションしております。

実物展示は期間限定となりますので、ぜひこの機会に
皇室御用達の寝心地を実際に体感してみて下さい。



それでは、早速本日もはじめさせていただきます。


ご新築されて、カーテンはお好きなデザインにとご来店されましたお客様です。

リビングにお選びいただきましたのは、スイスのクリスチャンフィッシュバッハ
(フィスバ)社より、「サーペンタイン」のアイボリー色を。

IMG_0443.JPG



















優れた防炎性能を持ち合わせた光沢感のあるオーガンジー素材に、
色糸で大きく緩やかな曲線が特徴的な、モダンデザインのお生地です。

IMG_0446.JPG



















照明との相性もよく、お部屋に馴染んでおりました。


IMG_0451.JPG

































非常に透明度の高いレース生地の後ろから覗かせるドレープカーテンは、
こちらもフィスバ社より「スプレンドーレⅡ」の薄いグレー色を。

IMG_0449.JPG

































こちらは、独特なハリ感と光沢感が特徴的な無地のタフタ生地であり、
フィスバ社のベストセラーの一つです。

今回、あっさりとした生地で色にもこだわりを持って探されておりましたので、
スプレンドーレⅡの生地感はぴったりでした。

他のお生地とも悩まれていましたが、決め手となったのは全92色という多色展開です。
微妙な色合いもこのお生地だと見つかるかもしれません。


IMG_0447.JPG

































タッセルは、五洋インテックス社より「ペルレ」を。
グレーでカーテンに合わせつつ、濃いめのブルーが良いアクセントとなりました。


IMG_0445.JPG



















小窓には、ニチベイ社の「ハナリ」ですっきりと。
朝日が生地を通して優しく差し込み、心地よい食卓となりました。
生地のお色も、壁や窓枠の色と統一することで、カーテンの存在感が
邪魔になりません。


しばらく仮のカーテンで過ごされていた分、今回の納品によりカーテンで
お部屋の雰囲気も変わり、大変喜んでいただく事ができました。


今回ご紹介させていただきましたお生地は、店内に大きなサンプルがございます。
実際にご覧になり、お手に取ってみて下さい。


最後となりましたが、S様、遠い所お越しいただき、
ご用命いただきまして誠にありがとうございました。





ウェブページ

  • img
Powered by Movable Type 4.34-ja

検索

このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。