2015年1月アーカイブ

1/29(Thu) RENEWAL OPEN !!

| コメント(0) | トラックバック(0)
2015年が早くも1月を終えようとしています。
早いですね。


本日もオーダーカーテンウイズ苦楽園ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

まずは媒体のお知らせを。

『サンケイリビング』 『BIZ Style 関西版』 にウイズ苦楽園の広告が掲載されます。

サンケイリビング 1/29(Thu) 掲載

サンケイリビング 2015.1.29.JPG











BIZ Style 1/30(Fri) 掲載

BIZ 2015.1.30.JPG






















ぜひお手に取られて、内容をご確認いただければと思います。


さて今回は、ウイズ苦楽園のリニューアルした店内をご紹介させて頂きます。


新しく大型什器を新設致しました。

IMG_0659.JPG







































IMG_0657.JPG





































ドイツの『Nyanordiska』 を中心として、展示サンプルの本数を増加させて頂きました。


さらにこの度、ウイズ苦楽園に新システム 『ホームオートメーション』 を導入しております。


『ホームオートメーション』 とは?

コンセントがあれば工事は簡単。(電気工事もウイズ苦楽園でお受けできます)
リモコンや壁スイッチからの指1本の操作でカーテンの開閉だけでなく、シェードの昇降は
もちろん、スラット(羽)の開閉も簡単に行えます。
あわせて照明器具の調光も可能。
お部屋全体を一括操作はもちろん、タイマーセットでお目覚めと同時に自動でカーテンや
ブラインドをオープンすることも可能です。

(↓以下画像をクリック!)

ホームオートメーション.jpg




















動画で扱っているリモコンや電動のカーテンレール、シャンデリアのリモコン調光器はナスノス社製の物
ですが、電動メーカーはその他トーソー、ニチベイ、ナビオ等がございます。

もちろんハンターダグラス社のシルエットシェード、デュエットシェード、ルミネットシェードの電動
操作サンプルも実物にて展示しております。
ハンターダグラス社のみの乾電池による電動装置で、お手軽に施工ができます。

ウイズ苦楽園にはハンターダグラス、その他の電動カーテンレール、電動カーテンシェード
電動ロールスクリーンの実物サンプルが30台以上ございます。

ヨーロッパや欧米諸国のホテル等では日常となりつつあるホームオートメーション。
この度ウイズ苦楽園にて体感して頂き、非日常を日常の物とされてはいかがでしょうか?


ホテルといえば、この度マナテックス社の新作 『Time』 のサンプルが入荷致しました。

24時間様々な表情を見せるニューヨーク。
この街のホテルライクな空間をイメージした、ライフスタイルを盛り込んだブックのタイムには、
コンテンポラリーな空間をデザインコンセプトに、ホテルライクなライフスタイルを楽しんで頂ける
テキスタイルが多数収録されています。

time.jpg











モダンでセンスあふれるシティーライフをご自宅のインテリアにいかがでしょうか?

ウイズ苦楽園にはこちらのカーテンサンプルも多数準備がございます。

是非一度ご来店下さい。

近々、この度ご紹介させて頂きましたホームオートメーションをご採用頂きました施工例をご紹介
させて頂きます。

お楽しみに。




本日もウイズ苦楽園ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。


今回は、中古マンションをリフォームされたN様邸をご紹介致します。


ヨーロッパ調のグレイッシュな雰囲気がお好みで、それに合わせてカーテンを
ご提案させて頂きました。

P1000184.JPG





















リビングのドレープカーテンには、五洋インテックス社『サンドニ』の薄めのベージュ色を。
サンドニは、ポリエステルでありながらもシルクのような光沢やシャリ感が特徴のファブリックです。

お部屋全体に色味を入れない分、少しカーテンに女性らしさを持たせたいとのご希望で、
マナトレーディング社のボールフリンジを付けさせて頂きました。


IMG_2821.JPG






















光沢のあるボールとさりげないビーズが上品なフリンジです。


P1000174.JPG





































レースカーテンは、マナトレーディング社の『キャロライン』をご提案。
こちらもシンプルなストライプでありながら、生地全体にクラッシュ加工がされていて
とても女性らしいお生地です。

生地は無地やストライプと、いたってシンプルですが、質感やフリンジをつけるだけでも
エレガンスさを演出できます。


P1000182.JPG























P1000183.JPG




































サンゴ礁のクロスが特徴的なご寝室には、フィスバ社の『スプレンドーレⅡ』をご提案。
こちらも、サンドニと同じように少しハリのあるシワ感が特徴的なお生地です。
なかなかイメージされていお色味がなく、大変悩まれていらっしゃいましたが、
スプレンドーレの全92色の中から、薄いグレーパープル色をお選び頂きました。



IMG_2825.JPG




















海外の製品は色のバリエーションが多く、選択範囲が広がるのも魅力です。

ウイズ苦楽園では、現場での打合わせ時にお生地のサンプルをお持ち致しますので、
実際にお吊り頂くお窓で、微妙なお色違いを確認して頂けます。
是非ウイズ苦楽園にご来店頂き、様々なお色、質感のファブリックをお楽しみ下さい。
スタッフ一同皆様のお越しを心よりお待ちしております。

最後となりましたが、N様、この度は誠にありがとうございました。

新年あけまして早2週間が過ぎてしまいました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は雑煮が恋しいです。

さて、本日もウイズ苦楽園ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

新年一発目の施工例は京都でご自宅をリフォームされましたお客様の、素敵なインテリアをご紹介
させて頂きます。


先ずはリビングダイニングの腰窓2窓です。

IMG_0613.JPG




















レースカーテンはFEDEことフェデポリマーブル社の 『ルヴィエ』 。
ダマスク柄のクラシカルなデザインのお生地ですが、綿を使用しているためアンティークでやわらかい雰囲気漂うお生地です。

ドレープ生地には五洋インテックス社の 『シャンタン』 を裏面使いでお納め致しました。

シャンタンの裏面はサテン地になっており、艶感が強いので透明感がございます。
それにより適度な軽さがうまれ、高級感は演出したいけど重たすぎるのはちょっと、、、という方には
おすすめです。

ダイニングにも同じスタイルで、

IMG_0616.JPG




















ドレープカーテンを閉めると、

IMG_0615.JPG




















今回お納めさせて頂きました時間帯が午前中という事もあり、写真では透明感があまり伝わりませんね。

実際のお色はダークブラウン色ですが、サテン地ですので室内照明を反射してとてもきれいでした。


お玄関横には同じレース生地をバルーンシェードにてお納め致しました。

IMG_0610.JPG



































小窓という事もありフラットバルーンにてお納めさせて頂きました。

逆箱ヒダに裾のスワッグは、エレガンステイストでクラシカルなインテリアにはピッタリのスタイルでは
ないでしょうか。


玄関とリビングをつなぐ廊下にはボイルカーテンにマクラメをお付けして、クロスオーバースタイル
にてご提案させて頂きました。

IMG_0612.JPG



































廊下スペースという事もありデザインは控えめにして、マクラメのみに致しました。

代わりにクロスオーバーにしてエレガントさをプラス。
動線という事と家全体でのバランスを考えまして、あえて生地自体はスッキリとした五洋インテックス
社のフランス製ボイルをおすすめ致しました。


お手洗いはこちら、

IMG_0619.JPG



































五洋インテックス社 『メラニー』 です。

トルコ製の刺繍商品で、裾はさりげない絵羽柄になっています。
100%ポリエステル商品ですがどこかコットンのような素材感で、やわらかくフェミニンな雰囲気の
レースカーテンです。

出窓の目線位置にチラリとみえる裾柄が良いですね。


最後にゲストルームを。

IMG_0621.JPG




















こちらの洋室にはストライプの壁紙を貼られていて、クラシカルですがモダン要素の強い
スミノエ社のオパール生地をお選びいただきました。

幾何学チックなデザインですが、結晶の様なデザインはストライプを基調としたお部屋の雰囲気にも
マッチしていました。


今回はシャンデリアや壁紙、床は白い石を入れられるなどクラシック、エレガンステイストがお好きな
お客様でした。

インテリアの細部にも大変凝っておられ、取っ手一つ探すのにも大変苦労されたとおっしゃられて
いました。

確かにここ最近はお家の外装、内装はとてもモダンでシンプルなデザインが多く、クラシックや
エレガンスのテイストはインテリアでは主流ではありませんでした。

しかしファッション同様時代が変わるにつれ、まわりまわってクラシック、エレガンスデザインは再び
増加傾向にあります。

それはもちろんテキスタイルも同じことで、メーカーさんが出されるブックにも昔のように、クラシック
やエレガンスのテキスタイルが多く収録されています。

ただし昔のデザインをそのまま持ってくるのでは無くヨーロッパ同様、色使いや素材感でモダンな
内装、家具にも合わせやすいテキスタイルとなっています。
またはタッセル等の小物の使い方によっても、カテゴリーに縛られないインテリアを表現することが
出来ます。

シンプルモダンも素敵ですが、一度思い切って今まで考えもしなかったテイストを、インテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

とことんお好きなテイストでいくのも良し。
カテゴリーは関係なく、自由にコーディネートを楽しんで頂くも良し。


ウイズ苦楽園では3000本以上のサンプルがございますのでお好きにコーディネートして頂く事が
できます。
スタッフ一同お手伝いさせて頂きますので、ぜひ一度ご来店下さい。

最後となりましたがN様、この度はまことにありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

新年あけましておめでとうございます。

ウイズ苦楽園ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

旧年中はご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

ウイズ苦楽園は本日 1/4(日) より通常通り営業させて頂いております。

皆様ぜひご来店下さいませ。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。


ウェブページ

  • img
Powered by Movable Type 4.34-ja

検索

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。